スポンサーサイト

Posted by 川辺ゆか on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/19(土) 『チベット・祈りの歌』

Posted by 川辺ゆか on 16.2011 未分類 0 comments 0 trackback
 unorinouta


寒さに立ち戻りつつ、春めいてきますね!

今週の土曜の夜、京都・一乗寺にある、喫茶「ウッドノート」で、
ドキュメンタリー+チベットの歌、『チベット・祈りの歌』を開催します。

映画は、「ジグデル 恐怖を超えて」と「ラモツォ 悲しみの湖を越えて」の2本です。この二本のフィルムをとおし、チベットのある家族の現状を知ってもらればと思います。
また8時からのライブでは、チベットの月にまつわる歌、祈りの歌、古里の歌などに加え、ほんのすこし沖縄などを。

会場のウッドノートは、アイリッシュのセッションやフォークライブを時々行っている、山小屋風の小さな喫茶店。マスターとコーヒーが名物な肩の力の抜けたところです。月の光の下、チベットを想う夜へぜひお越しください。



◆2月19日(土)

喫茶店・ウッドノート
京都府京都市左京区一乗寺大原田町23-3 075-722-9302
叡山電鉄 一乗寺駅より徒歩5分
 
 19:00~ 映画上映
            
「LeavingFearBehind 恐怖を乗り越えて」
            
「ラモツォ 悲しみの湖を渡って」
    
  20:00~ ライブ

■料金: 1,500円(前売)+1ドリンクオーダー

(収益の一部は、ルンタプロジェクト&Students for a Free Tibet Japanに寄付します。)

■ライブ出演: 川辺 ゆか:うた・ダムニェン

■予約&問合せ utaaho2006@yahoo.co.jp もしくはお店に直接お電話をおねがいします。

≪映画紹介≫

「LeavingFearBehind 恐怖を乗り越えて」

2007年10月から2008年3月にかけ、チベット在住のトンドゥプ・ワンチェンと助手 のジグメ・ギャツオの2人がチベット各地で極秘にインタビュー取材したVTRを、ワンチェンの従兄弟であるスイス在住のギャルジョン・ツェトリンが編集し、25分のネットムービーとして公開された映像。原題はチベット語で「ジグデル」( =恐怖を乗り越える)。チベットに住むチベット人が北京五輪に対してどう感じているのか、置かれている政治的状況をどのように考えているのか、強制移住や中国政府による資源収奪の実態、教育・文化面での抑圧などを、インタビューを通して赤裸々に伝えている。
取材したトンドゥプ・ワンチェンとジグメ・ギャツオは2008年3月23~26日に相次 いで逮捕された。2009年12月28日、西寧人民法院が祖国分裂罪で起訴されたトン ドゥプ・ワンチェンに懲役6年判決を出したことがわかった。ジグメ・ギャツオは その後仮釈放されたものの厳しい監視下に置かれている。

○映画紹介「ラモツォ」

TWA(チベット女性会)によってドンドゥプ・ワンチェンの解放を求めるプロモーションとして製作された映画。ワンチェンの妻ラモ・ツォや、10歳の娘ワンモなど、残された家族の現状を描 いている。


◆協力:SFT(Students for a Free Tibet: スチューデンツ・フォー・フリーチベット)は、非暴力で平和的な社会的、政治的、経済的活動を通じて、世界中の若い世代にチベットで起こっている人権侵害の現状を知ってもらい、支援活動への意識を高めると同時に、チベット問題の平和的な早期解決を求めることを目的に設立された団体です。1994年にアメリカで発足したSFTは、現在までに高校、大学、地域を拠点とした650の支部を数える団体に成長し、35カ国でチベット問題を訴えています。http://www.sftjapan.org/



スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://kawabeyuka.blog107.fc2.com/tb.php/29-dc2b6414

プロフィール

川辺ゆか

Author:川辺ゆか
川辺ゆか 歌手
H.P. http://homepage2.nifty.com/utauaho/

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。